本文へスキップ

土地家屋調査士の資格を通信講座で取得しよう

土地家屋調査士 資格取得

不動産登記の種類/土地家屋調査士の通信講座

『土地家屋調査士の通信講座』へようこそ!

不動産登記の種類

不動産登記は、土地や建物の一つ一つについての情報を、法務局の職員(登記官)が専門的な見地から正しいどうかかを判断した上でコンピュータに記録することをいいます。

1.土地の登記と建物の登記
土地と建物は別々に登記されます。

1筆の土地(又は1個の建物)ごとに表題部と権利部に区分して登記されます。

さらに、権利部は甲区と乙区に分けられ、甲区には所有権に関する登記の登記事項が、乙区には所有権以外の権利に関する登記の登記事項がそれぞれ記録されます。

2.表題部=表示に関する登記
権利の対象である不動産(土地・建物)の物理的状況(所在、地番、地目、地積、床面積等)を公示する登記であり、権利に関する登記の前提となるものです。

3.権利部=権利に関する登記
登記された不動産に係る権利の主体、権利の種類、その内容、権利の移転、変更に関する登記です。

不動産(土地・建物)の物理的状況、たとえば地番100番の土地であれば、それがどこに、どれだけの広さで、どのように利用されているのか、を示す登記が「表示に関する登記」です。



通信講座

 調査士 講座
本番試験で使える用具を揃えました。受講生にも「使いやすい」と評判です!
 ユーキャンの土地家屋調査士講座

書式問題のポイントを映像でわかりやすく説明します!

質問OK〜経験豊富な講師陣がお答えします!!

標準学習期間を超えても試験日までしっかり指導が受けられます!



バナースペース

リンク集

LINK1   LINK2   LINK3   LINK4
LINK5   LINK6   LINK7   LINK8