本文へスキップ

土地家屋調査士の資格を通信講座で取得しよう

土地家屋調査士 資格取得

不動産登記の意義/土地家屋調査士の通信講座

『土地家屋調査士の通信講座』へようこそ!

不動産登記の意義

戸籍には、人が生まれてから亡くなるまでの履歴が記載されていますが、不動産登記もこれと同じように、土地や建物に関する履歴が記録されているのです。

例をあげれば、土地の登記簿には所在や番号(地番)のほか、面積(地積)やその利用状況である地目、それらの変遷が記録されています。

また、誰が所有者かという所有権の登記のほか、土地を担保にして金融機関から融資を受けた場合の抵当権など、所有権以外に関する権利も登記されています。

こういった登記の内容や地図は、その土地の所有者以外の人でも知ることができ、制限はされていません。

登記の情報を記録し、公開する登記事務は、全国の法務局、地方法務局とその支局、または出張所に置かれた「登記所」で取り扱われています。

この制度によって不動産に関する情報が登録・公示されることから、国民の権利の保全が図られ、また不動産の取引の安全のためにも役立っています。

生活や地域社会の経済活動を安全、円滑に進める、なくてはならない制度です。



通信講座

 調査士 講座
本番試験で使える用具を揃えました。受講生にも「使いやすい」と評判です!
 ユーキャンの土地家屋調査士講座

書式問題のポイントを映像でわかりやすく説明します!

質問OK〜経験豊富な講師陣がお答えします!!

標準学習期間を超えても試験日までしっかり指導が受けられます!



バナースペース

リンク集

LINK1   LINK2   LINK3   LINK4
LINK5   LINK6   LINK7   LINK8