本文へスキップ

土地家屋調査士の資格を通信講座で取得しよう

土地家屋調査士 資格取得

土地家屋調査士とは/土地家屋調査士の通信講座

『土地家屋調査士の通信講座』へようこそ!

土地家屋調査士とは

1.不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること。

私たち土地家屋調査士は、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を行っています。

具体的には、不動産(土地又は建物)の物理的な状況を正確に把握するためにする調査、測量の事を言い、例えば、土地の分筆登記であれば、登記所に備え付けられた地図や地積測量図等の資料、現地の状況や隣接所有者の立会い等を得て公法上の筆界を確認し、その成果に基づき測量をすることになります。


2.不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。

不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられています。

しかし、その手続きはとても複雑で一般の方には理解しづらい事があります。

そこで、私たち土地家屋調査士は、依頼人の求めに応じて不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。

不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行っています。


3.不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること。

審査請求とは、不動産の表示に関する登記についての登記官の処分が不当であるとする者が(地方)法務局長に対して行う不服申立てをいいます。


4.筆界特定の手続について代理すること。

筆界特定の手続とは、土地の所有者の申請により、登記官が、外部の専門家の意見を踏まえて筆界を特定する制度における手続をいう。


5.土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること

この業務については、民間紛争解決手続代理関係業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した土地家屋調査士(ADR認定土地家屋調査士)に限り、弁護士との共同受任を条件として、行うことができる。



通信講座

 調査士 講座
本番試験で使える用具を揃えました。受講生にも「使いやすい」と評判です!
 ユーキャンの土地家屋調査士講座

書式問題のポイントを映像でわかりやすく説明します!

質問OK〜経験豊富な講師陣がお答えします!!

標準学習期間を超えても試験日までしっかり指導が受けられます!



バナースペース

リンク集

LINK1   LINK2   LINK3   LINK4
LINK5   LINK6   LINK7   LINK8